招待講演         学会発表


最近の 招待講演
1.    Yasushi Yokoyama
“Photochromism Based on 6π-Electrocyclization: Stereochemistry and Properties”,
Gordon Research Conference Photochemistry, July 2003, Mount Holyoke College, South Hadley, MA, USA.

2.    Yasushi Yokoyama
“1,3-Bisarylbutadienes: A Novel Photochromic System”,
21st International Conference on Photochemistry (ICP21), July 2003, Nara, Japan.

3.    横山 泰
「6π電子環状反応に基づくフォトクロミズム」,
講習会「光化学の基礎概念と実験技術 2003」,2003年10月,大阪.

4.    Yasushi Yokoyama
“Reversible Control of Properties by Photochromism”,
The 6th AIST International Symposium on Photoreaction Control and Photofunctional Materials (PCPM2003), October 2003, Tsukuba, Japan.

5.    横山 泰,“最近の有機フォトクロミズム事情”
近畿化学協会機能性色素部会セミナー「機能性色素inあしがら」 (南足柄,9/3−4, 2004).

6.    横山 泰
“光機能性材料に用いうるフォトクロミック化合物の開発”,
KSP新技術フェア(川崎,11/8, 2004).

7.    横山 泰
“書き換え可能なフォトンモード高密度光記録の将来展望”,
オプトメカトロニクス協会光部品生産技術部会講演会(東京, 1/14, 2005).

8.    Y. Yokoyama, T. Arai, T. Ubukata, and Y. Yokoyama
“Optically Active Diarylethenes”,
2005 Korea-Japan Symposium on Frontier Photosciences, “Photochemistry and Nanotechnology”, Pusan, Korea, October 7 - 11, 2005.

9.    Y. Yokoyama
“Photochromic Switched based on 6-electrocyclization Reaction”,
Pacifichem 2005 (2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies) (Honolulu, Hawaii, December 15 - 20, 2005).

10.    横山 泰
“DNAをマトリックスとするフォトクロミズム”,
界面光化学シンポジウム2005 (大阪,5, 2005).

11.    横山 泰
“有機フォトクロミズムと不斉”,
有機合成化学講習会 (東京, 6, 2005).

12.    横山 泰
“有機フォトクロミズムと機能制御”,
第2回バイオオプティクス研究会 (札幌,10, 2005).

13.    H. Nagashima, S. M. Shrestha, K. Takada, T. Moriguchi, N. Eguchi, Y. Yokoyama, T. Ubukata, and Y. Yokoyama
“Novel Photochromic Systems Based on 6-Electrocyclization”,
Japan-France Joint Seminar on Organic Photochromism, Hayama, Japan, October 15 - 18, 2006.

14.    横山 泰
“DNA-四級アンモニウム塩複合体に取り込まれたフォトクロミック化合物の挙動”,
第3回バイオオプティクス研究会 (東京,10, 2006).

15.    Kentaro Miyake, Yuhei Fujimoto, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama
“Efficient Photochromism of Diarylethenes in Polymer Matrices”,
2007 Korea-Japan Symposium on Frontier Photosciences, November 24, 2007, Gyeongju, Korea.

16.    横山 泰
“高分子媒体中におけるフォトクロミズムの高性能化”,
第4回バイオオプティクス研究会 (山口,12, 2007).

17.    横山 泰
“高分子媒体中におけるフォトクロミズムの高性能化”,
日本学術振興会第174委員会第23回研究会 2007, 12, 12, 東京.

18.    Yasushi Yokoyama
“Diamantane: a Thread Stitchin up Photochromism and Liquid Crystals”,
Optics and Photonics 2008: Photonic Devices and Applications, Liquid Crystals XII, SPIE, San Diego, CA, U.S.A., August 10 - 14, 2008.

19.    Yasushi Yokoyama, Tatsuya Shiozawa, Yutaka Tani, and Takashi Ubukata
“The Ultimate Diastereoselectivity of Photochromic Diarylethenes”,
5th Korea-Japan Symposium on Frontier Photosciences, Jeju, Korea, September 25−28, 2008.

20.    Yasushi Yokoyama, Tatsuya Shiozawa, Yutaka Tani, Takashi Ubukata
“Ultimate Diastereoselectivity in Photochromic Diarylethenes”,
Japanese − French Joint Seminar “New Horizons of Photochromism”, October 12−15, 2008, Arras, France.

21.    横山 泰
“高立体選択的6π電子系フォトクロミック反応”,
第5回バイオオプティクス研究会,2008, 12, 19−20, 浜松.

22.    横山 泰
“6π電子環状反応に基づく有機フォトクロミック反応”,
東京大学理学部化学教室雑誌会(第1323 回),2009, 1, 8, 東京.

23.    Yasushi Yokoyama
“Superb Performances of P-type Photochromic Compounds Based on 6π-Electrocyclization”,
China-France Joint Seminar on Organic Photochromism, Shanghai, China, October 25−28, 2009
.
24.    Yasushi Yokoyama
“Novel and High-Performance Photochromic Compounds Based on 6π-Electrocyclization Reactions”,
6th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, Korea University, Chungnam, Korea, 2009/10/31–11/3 (11/3).

25.    横山 泰
“超高性能フォトクロミックシステム−高立体選択性と高反応性−”
第6回バイオオプティクス研究会,北海道大学(札幌),2009/12/4−5 (12/4).

26.    横山 泰
“6π電子環状反応に基づく高性能フォトクロミック系”
第8回機能性分子シンポジウム,筑波大学(つくば),2009/12/19.

27.    横山 泰
“高性能フォトクロミック化合物の創製”,
第二次先端ウオッチング,イブニングセッション「フォトクロミズムとメカニカル機能」,近畿大学(東大阪),2010/03/27.

28.    横山 泰
“フォトクロミック化合物の高性能化−分子構造と分子環境−”,
第5回分子情報ダイナミクス研究会,大阪大学(吹田),2010/03/29−30 (3/30).

29.    横山 泰
“ポリマーの中でどうやって光反応・熱反応を高速化するか”,
横浜キーテクノロジー創生フォーラム2010,横浜情報文化センター,横浜,2010/11/2.

30.    横山 泰,森中 香,小川初音,張 晨霞
“ヘキサトリエン系フォトクロミック化合物の新規な分子修飾と高性能化”
第7回バイオオプティクス研究会,東京農工大学(小金井),2010/12/3−4 (12/4).

31.    Yasushi Yokoyama
“Stereochemical Control of Photochromic Reactions and Properties”,
Russian – French Joint Symposium on Organic Photochromes “ Phenics in Russia”, Usadba Country Club, Chernogolovka, Russia, 2011/10/05 – 9 (10/7).

32.    Yasushi Yokoyama
“Perfect Control of Stereochemistry in the Photochromism Based on 6π-Electrocyclization”,
8th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, Kunkuk University, Seoul, Korea, 2011/10/28 – 31 (10/29).

33.    横山 泰,深川真衣
“ヒト血清アルブミンをテンプレートとする不斉フォトクロミック反応”
第8回バイオオプティクス研究会,相模原, 2011/12/16 – 17 (17).

34.    横山 泰
“有機フォトクロミズム−光による分子の構造・物性・機能のスイッチ−”,
平成24年度第3回YNU学術ディスコース,横浜国立大学(横浜),2012/7/31.

35.    横山 泰
“ヘキサトリエン系フォトクロミズムの⽴体制御と機能制御”
第6回スマート分子材料講演会,北海道大学(札幌),2012/10/19.

36.    横山 泰
“フォトクロミズムによる蛍光のオンオフスイッチング”,
第9回バイオオプティクス研究会,山口,2012/12/7 – 8 (7).

37.    Yasushi Yokoyama
“Control of Stereochemistry in Photochromism based on 6π-Electrocyclization”
7th International Symposium on Photochromism, Hmuboldt-Universitat zu Berlin, Berlin, Germany, 2013/09/23 – 26 (2013).

38.    Yasushi Yokoyama
“Enantioselective Ring Closure in Photochromism of Diarylethenes in HSA”,
10th Korea-Japan Frontier Photosciences, 2013/11/24-27, Seoul, Korea.

39. 横山 泰・渡邉豪大, “フォトクロミズムによる蛍光発光のオンオフ制御”, 第10回バイオオプティクス研究会, 2013/12/07, 東京農工大小金井キャンパス(東京・小金井).

40. 横山 泰, “分子環境が制御するフォトクロミック分子の物性および反応性”, 日本化学会第94春季年会 特別企画 “分子協調が拓く新しい光子利用化学”, 2014/03/30, 名古屋大学(愛知・名古屋).

41. Y. Yokoyama, Y. Hiromoto, K. Takagi, S. Delbaere, K. Ishii, Y. Watanobe, T. Ubukata, “Photon-working Precipitation-Dissolution Switch by Photochromism”, 11th Korea-Japan Frontier Photosciences, 2014/06/21, Seoul (Korea).

42. 横山 泰, “フォトクロミック分子の溶解・凝集の光制御”, 第11回バイオオプティクス研究会, 2014/12/05, 大阪大学豊中キャンパス(大阪・大阪).

43. 横山 泰, “6π電子環状反応に基づく有機フォトクロミズムの化学”, 第69回有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 2015/05/16, 横浜国立大学保土ヶ谷キャンパス(神奈川・横浜).



学会発表 

1.    4th International Symposium on Photochromism (Arcachon, France, 9/12−15, 2004).
1) S. M. Shrestha, Y. Yokoyama, and Y. Yokoyama,“1,3-Bisarylbutadienes: Novel Thermally Irreversible Photochromic System” (P41).
2) Y. Yokoyama, H. Nagashima, K. Takada, T. Moriguchi, S. M. Shrestha, and Y. Yokoyama, “Novel Thermally Reversible Photochromic Compounds: Dihydrobenzothiophene and Dihydronaphthalene” (P53).

2.    2004 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience −Photochemistry and Nanotechnology− (Daejeon, Korea, 11/20−23, 2004).
Y. Yokoyama, “Construction of Reversible Photoresponsive Functional Interfaces Comprised of Photochromic Materials” (P85).

3.    第8回日本化学会液晶化学研究会シンポジウム(東京,6/9, 2004)齋藤雅子,横山 泰 , “配向したDNA−長鎖四級アンモニウム塩フィルム中におけるジアリールエテンのフォトクロミズム” (P15)
2004年光化学討論会(つくば国際会議場,11/1 − 3, 2004)
荒井拓也, マームット コセ, 横山 泰, “ヘリカル構造を持つジアリールエテンの合成と反応” (3C06)

4.    第13回実装技術懇談会(横浜,3/15, 2005)
1) 荒井拓也, 生方 俊, 横山 泰, “らせん構造をもつジアリールエテンの合成とフォトクロミズム” (K-1)
2) 豊田敬介, 生方 俊, 横山 泰, “3/4位に置換基をもつナフトピランのフォトクロミズム” (K-2)
3) 森口哲也, 生方 俊, 横山 泰, “ピリジルジヒドロナフタレン誘導体の熱可逆フォトクロミズム” (K-3)
4) 高橋幸司, 生方 俊, 横山 泰, “フォトクロミック色素を添加した薄膜の光誘起表面レリーフ形成” (K-4)

5.    日本化学会第85春季年会(東京,3/26−29, 2005)
1) 豊田敬介, 横山弥生, 横山 泰, “フォトクロミックなナフトピランの3/4位置換基の効果” (2H7-03)
2) 森口哲也, 横山弥生, 横山 泰, “2-(4-ピリジル)-1,2-ジヒドロナフタレン誘導体の熱可逆フォトクロミズム” (2H7-04)
3) 高橋幸司, 生方 俊, 横山 泰, “スピロピラン添加薄膜の光誘起表面レリーフ形成” (2H7-33)
4) 中村卓裕, 横山弥生, 横山 泰, “1-メトキシ-2-プロピル基を2位に持つビスベンゾチエニルエテンの合成とフォトクロミズム” (1PA-123)
5) 石橋千英, 伊藤冬樹, 宮坂 博, 横山 泰, “フルギド分子のレーザー多光子フォトクロミック反応” (1PC-070)

6.    2005 KJFP (2005 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, “Photochemistry and Nanotechnology”) (Pusan, Korea, October 7−11, 2005).
1) Y. Tani, T. Ubukata, Y. Yokoyama, and Y. Yokoyama“Diastereoselective Photochromism of Chiral Helicene Diarylethenes” (YS11).
2) K. Takahashi, T. Ubukata, and Y. Yokoyama
“Formation of Photoinduced Surface Relief Gratings on Polymer Films Doped with Various Photochromes” (PO15).

7.    SICC-4 (Singapore International Chemical Conference 4) (Singapore, December 8−10) (Best Poster Award).
Y. Tani, T. Arai, T. Ubukata, Y. Yokoyama, Y. Yokoyama,
“Diastereoselective Photochromic Chiral Helicenoid Diarylethenes”.

8.    Pacifichem 2005 (2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies) (Honolulu, Hawaii, December 15−20, 2005).
T. Ubukata, K. Takahashi, and Y. Yokoyama, “Photoinduced Surface Relief Structures formed on Spiropyran-doped Polymer Films”, (Azobenzene-containing Materials as Smart Structures, 963).

9.    第54回高分子年次大会 (横浜, 5/25−27, 2005)
高橋幸司, 生方 俊, 横山 泰, “スピロピラン混合高分子膜の光誘起表面レリーフ形成” (1Pb140)

10.    2005年光化学討論会 (アクロス福岡, 9/12−14, 2005)
1) 石橋千英, 宮坂 博, 横山 泰, 小畠誠也, 入江正浩, “フルギド,ジアリールエテンに対する多光子フォトクロミック反応制御” (2A10)
2) 高橋幸司, 生方 俊, 横山 泰, “種々のフォトクロミック色素による高分子薄膜の光誘起表面レリーフ形成” (2C05)
3) 藤本悠平, 生方 俊, 横山 泰, “DNAにインターカレート可能な部位を持つジアリールエテンのフォトクロミズム” (3P011)
4) 松下奈津子, 生方 俊, 横山 泰, “4-ピリジル基をもつ新規アリールブタジエンの光反応” (3P012)

11.    第54回高分子討論会 (山形,9/20−22, 2005)
高橋幸司, 生方 俊, 横山 泰, “フォトクロミック化合物による光誘起表面レリーフ形成” (2009)

12.    日本化学会第86春季年会 (船橋,3/27−30, 2006)
1)  具志堅剛史, 生方 俊, 横山 泰, “嵩高いアダマンタン関連置換基を持つチエニルフルギドの合成と熱可逆フォトクロミズム” (2PB067)
2) 谷 泰, 生方 俊, 横山 泰, “新規キラルヘリカルジアリールエテン類のジアステレオ選択性” (2L1-43)
3) 石橋千英, 宮坂 博, 小畠誠也, 入江正浩, 横山 泰, “レーザ誘起による多光子フォトクロミック反応挙動” (2L1-43)

13.    XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry (Kyoto, Japan, April 2−7, 2006).
1)  T. Ubukata, K. Takahashi, and Y. Yokoyama, “Photoinduced surface relief on polymer films doped with photochromic compounds” (P208).
2)  Y. Tani, T. Arai, T. Ubukata, and Y. Yokoyama, “Diastereoselective photochromism of novel chiral diarylethenes” (P213).
3)  Y. Ishibashi, H. Miyasaka, Y. Yokoyama, S. Kobatake, and M. Irie, “Photochromic reaction control in fulgide derivatives by laser-induced multiphoton absorption process” (P244).

14.    7th International Symposium on Functional p−electron Systems (Osaka, Japan, May 15−20).
H. Nagashima, K. Takada, T. Moriguchi, N. Eguchi, T. Ubukata, and Y. Yokoyama, “Thermally Reversible Photochromic Dihydroaromatic Compounds” (OP-16).

15.    第55回高分子年次大会(名古屋,5/24−26, 2006)
1)  三宅健太郎, 奥山智幸, 生方 俊, 横山 泰, “ヘリセン骨格をもつジアリールエテンの高分子中の光反応” (1Pg111)
2)  生方 俊, 高橋幸司, 横山 泰, “フォトクロミックなスピロ化合物による光誘起表面レリーフ形成” (1Pe123)

16.    第10回液晶化学研究会シンポジウム(東京, 7/16, 2006)
松下奈津子, 生方 俊, 横山 泰, “キラルなフォトクロミック化合物による高分子分散型コレステリック液晶の旋光度制御” (P38)

17.    2006年光化学討論会(仙台, 9/10−12, 2006)
1)  谷 泰, 生方 俊, 横山 泰, “ヘリセン構造を持つ新規ジアリールエテンの光反応性” (1B12)
2)  生方 俊, 高橋幸司, 山口修朗, 横山 泰, “フォトクロミック化合物含有高分子薄膜による光誘起表面レリーフ” (1B15)
3)  江口伸崇, 生方 俊, 横山 泰, “ジヒドロインドール骨格を持つ熱可逆なフォトクロミック化合物の合成と反応” (1P029)
4)  久田尚紀, 生方 俊, 横山 泰, “チエノピリジン環を持つジアリールエテン類の合成とその光反応” (1P036)
5)  松下奈津子, 生方 俊, 横山 泰, “フォトクロミック反応による高分子分散型コレステリック液晶の旋光度制御” (1P049)

18.    第54回高分子討論会(富山, 9/20−22, 2006)
1)  生方 俊, 高橋幸司,山口修朗, 横山 泰, “フォトクロミック化合物による可逆的な光誘起表面レリーフ形成” (2H13)
2)  松下奈津子, 生方 俊, 横山 泰, “高分子分散型コレステリック液晶の光による旋光度制御” (1Pd102)
3)  山口修朗, 生方 俊, 横山 泰, “ジアリールエテン含有高分子薄膜の光誘起表面レリーフ形成” (3Pc091)

19.    平成18年度神奈川県産学公交流研究発表会(海老名, 10/18−20, 2006
生方 俊, 高橋幸司, 山口修朗, 守屋雄介, 横山 泰, “フォトクロミック化合物による可逆的な光造形” (1254)

20.    日本化学会第87春季年会(吹田, 3/25−28, 2007)
1)  殿山恭平, 生方 俊, 横山 泰, “BINAP誘導体で接続されたジアリールエテンオリゴマーのフォトクロミズム” (2G7-03)
2)  三宅健太郎, 奥山智幸, 生方 俊, 横山 泰, “高分子媒体中におけるジアリールエテンのフォトクロミック性能の向上” (2G7-08)
3)  谷 泰, 生方 俊, 横山 泰, “対称構造を持つ新規ヘリカルジアリールエテンのジアステレオ選択的フォトクロミズム” (2G7-17*)
4)  藤本悠平, 塚田秀行, 生方 俊, 横山 泰, “デンドリマージアリールエテンの合成と光反応” (2G7-32)

21.    第56回高分子討論会(名古屋, 9/19−21, 2007)
1) 藤本悠平, 三宅健太郎, 生方 俊, 横山 泰, “高分子媒体中における高性能フォトクロミズムのための分子設計” (1O06)
2) 松嶋智雄, 松下奈津子, 生方 俊, 横山 泰, “キラルフルギド含有高分子分散型コレステリック液晶による偏光制御” (1Pd078)
3) 守屋雄介, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン薄膜の光誘起表面レリーフ形成” (1Pc079)
4) 生方 俊,  守屋雄介,  山口修朗,  高橋幸司,  横山 泰,  ”フォトクロミック化合物含有高分子薄膜の光誘起表面レリ−フ形成” (1Pd080)

22.    2007年光化学討論会(松本, 9/25−27, 2007)
1)  生方 俊, 松嶋智雄,  松下奈津子,  横山 泰, “キラルフルギド含有高分子分散型液晶による偏光制御” (1B06)
2)  久田尚紀,  生方 俊,横山 泰, “芳香族リンカーをもつジアリールエテンダイマーのフォトクロミズム” (1P47)
3)  上原 俊,生方 俊,横山 泰, “1, 10-フェナントロリン基を持つジアリールエテンの合成とフォトクロミズム” (1P48)
4)  山口修朗,  生方 俊,  横山 泰,  “ジアリールエテンを含む高分子薄膜の光誘起表面レリーフ形成” (1P60)
5)  殿山恭平,  生方 俊,  横山 泰,  “キラルな芳香族リンカーを持つジアリールエテンオリゴマーのフォトクロミズム” (2B06)

23.    第一回有機フォトクロミズムシンポジウム (東京大学本郷キャンパス, 11/16, 2007)
1)  藤本悠平, 生方 俊, 横山 泰, “デンドリマージアリールエテンのフォトクロミズム” (P-05)
2) 松嶋智雄, 松下奈津子, 生方 俊, 横山 泰, “キラルフルギド含有高分子分散型コレステリック液晶のフォトクロミズムによる偏光制御” (P-36)
3)  上原 俊, 生方 俊, 横山 泰, “1, 10-フェナントロリン基を持つジアリールエテンの光異性化に伴う錯形成挙動の変化” (P-37)
4)  久田尚紀,  生方 俊, 横山 泰, “リンカーに導入した嵩高い置換基のジアリールエテンオリゴマーに及ぼす影響” (P-38)
5)  守屋雄介, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン薄膜による光誘起表面レリーフ形成” (P-39)
6)  山口修朗,  生方 俊,  横山 泰,  “ジアリールエテンによる光誘起表面レリーフ形成” (P-40)

24.    日本化学会第88春季年会(東京,3/26−30, 2008)
1) 原田ゆかり, 菊地あずさ, 八木幹雄, 守屋雄介, 生方 俊, 横山 泰, 阿部 二朗, “ラジカル解離型フォトクロミック分子による光誘起表面レリーフ形成” (2PA-073)
2) 具志堅剛史, 生方 俊, 横山 泰, “コアにジアマンタンをもつ新規液晶性物質の合成” (3L4-38)
3) 塩澤達也, 谷 泰, 生方 俊, 横山 泰, “複数のキラルな置換基を持つジアリールエテンのジアステレオ選択的光環化反応” (3L7-02)
4) 守屋雄介, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン薄膜における光誘起表面レリーフ形成” (3L7-37)
5) 藤井祥平, 守屋雄介, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン薄膜の光誘起表面レリーフ形成に及ぼす添加剤の効果” (3L7-38)

25.    第57回高分子学会年次大会(2008年5月28日−30日、パシフィコ横浜)
1) 守屋 雄介, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン薄膜における光誘起表面レリーフ形成”
2) 山口 修朗, 生方 俊, 横山 泰, “スピロオキサジンポリマーによる光誘起表面レリーフ形成”

26.    第12回液晶化学研究会シンポジウム(2008年6月6日, 東京大学本郷キャンパス山上会館)
具志堅剛史, 生方 俊, 氏家誠司, 横山 泰, “ジアマンタンコアをもつ新規液晶性化合物の合成と物性”

27.    第30回光化学若手の会(2008年6月27−29日, 国民宿舎マリンテラスあしや)
1) 塩澤達也, 生方 俊, 横山 泰, “キラルな置換基を二つ有するジアリールエテンのジアステレオ選択的光環化応”
2) 藤井祥平, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン薄膜の光誘起表面レリーフ形成の高感度化(優秀ポスター発表賞)”

28.    XXIInd IUPAC Symposium on Photochemistry, July 28−August 1st, 2008, Gothenburg, Sweden
1) Azusa Kikuchi, Yukari Harada, Mikio Yagi, Yusuke Moriya, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, Jiro Abe, “Photoinduced Surface Relief Formation in Radical Dissociative Photochromic Compounds”
2) Yasushi Yokoyama, Yutaka Tani, Tatsuya Shiozawa, Takashi Ubukata, “Photochromism of Diarylethenes with Exceptionally High Diastereoselectivity”

29.    SPIE Liquid Crystals XII, August 11, 2008, San Diego, CA, USA
Yasushi Yokoyama, “Diamantane: A Thread Stitching up Photochromism and Liquid Crystals”

30.    第5回ナノテクノロジーシンポジウム2008(2008年8月27日, 横浜産賀ホールマリネリア)
具志堅剛史, 生方 俊, 横山 泰, “ナノダイヤモンド構造をもつ新規液晶性化合物の合成と物性”

31.    2008年光化学討論会(2008年9月11日-13日, 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス)
1) 塩澤達也, 谷 泰, 生方 俊, 横山 泰, “キラルな置換基を二つ有するジアリールエテンのジアステレオ選択的光環化反応”
2) 塩澤達也, 谷 泰, 生方 俊, 横山 泰, “環化部位に不斉置換基を有するC2対称ジアリールエテン”
3) 森中 香, 生方 俊, 横山 泰, “ 2, 3-ビスアリールインデノンの合成と光反応”
4) 生方 俊, 守屋雄介, 横山 泰, “ポリスチレンの光誘起移動に基づく薄膜形状変化”

32.    特定領域研究「フォトクロミズム」第2回公開シンポジウム(2008年9月22日, 東京大学本郷キャンパス山上会館)
1) 菊地あづさ, 原田ゆかり, 八木幹雄, 守屋雄介, 生方 俊, 横山 泰, 阿部二朗, “ラジカル解離型フォトクロミック系の光誘起表面レリーフ構造の構築と機能化”
2) 横山 泰, 張 晨霞, 森中 香, 生方 俊, “電子環状反応に基づくステルスフォトクロミズム”

33.    第57回高分子討論会(2008年9月24日−9月26日, 大阪市立大学)
1) 守屋 雄介, 生方 俊, 横山 泰, “高分子単一薄膜の光による微細加工”
2) 生方 俊, 高橋幸司, 山口修朗, 守屋雄介, 藤井祥平, 横山 泰, “アゾベンゼンを含まない薄膜の光誘起表面レリーフ”

34.    2008 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, September 25−28, 2008, Ramada Plaza Hotel, Jeju, Korea
Yasushi Yokoyama, Tatsuya Shiozawa, Yutaka Tani, Takashi Ubukata, “The Ultimate Diastereoselectivity of Photochromic Diarylethenes”

35.    New Horizons of Photochromism:From Design of Molecules to Applications, October 12−15, 2008, Arras, France
1) Yasushi Yokoyama, Tatsuya Shiozawa, Yutaka Tani, Takashi Ubukata, “Ultimate Diastereoselectivity in Photochromic Diarylethenes”
2) Tsuyoshi Gushiken, Masahiro Kawasaki, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Thermally Reversible Photochromism of Diamantane-containing Compounds”
3) T. Ubukata, S. Fujii, Y. Moriya, S. Yamaguchi, K. Takahashi, Y. Yokoyama, “Photoinduced Transfer of Photochromic Compounds in Thin Films”

36.    第5回バイオオプティクス研究会(2008年12月18日−20日、浜松)
横山 泰, “高立体選択的6π電子系フォトクロミック反応”

37.    特定領域研究「フォトクロミズム」第3回公開シンポジウム(2009年1月23-24日, 京都テルサ)
横山 泰, “新規・高性能フォトクロミックシステム”

38.    第4回ナノテク交流シンポジウム(2009年3月6日, 横浜国立大学教育文化ホール)
山本慎太郎, 生方 俊, 横山 泰, “汎用プラスチックの光微細加工の高感度化”(ポスター発表第四位)

39.    関東高分子若手研究会2008年度論文発表会(2009年3月7日, 東京農工大学小金井キャンパス)
山本慎太郎, 生方 俊, 横山 泰, “ベンゾフェノンを添加したポリスチレン薄膜の光誘起表面レリーフ形成” (優秀発表賞)

40.    日本化学会第89春季年会(2009年3月26日−29日, 日本大学船橋キャンパス)
1) 具志堅剛史, 斎藤雅子, 生方 俊, 横山 泰, “側鎖にスピロオキサジンをもつポリシロキサンフィルムのフォトクロミック性能”
2) 藤井祥平, 生方 俊, 横山 泰, “スピロオキサジン薄膜における可逆的な光誘起表面レリーフ形成”
3) 原田ゆかり, 菊地あづさ, 八木幹雄, 生方 俊, 横山 泰, 阿部二朗, “ラジカル解離型フォトクロミック系のアモルファス薄膜における光誘起表面レリーフ形成”
4) 松嶋智雄, 生方 俊, 横山 泰, “キラルフルギド含有高分子分散型液晶における選択反射波長の制御”
5) 森中 香, 生方 俊, 横山 泰, “2,3-ビスアリールインデノン誘導体の光反応”
6) 長谷川智彦, 生方 俊, 横山 泰, “含フッ素キラル置換基を有するビスベンゾチエニルエテンのジアステレオ選択性”
7) 張 晨霞, 奥村昌平, 生方 俊, 横山 泰, “フォトクロミズムを示す新規4,5-ビスアリールトリアゾール類の合成”
8) 守屋雄介, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン誘導体の移動に基づいた薄膜の光加工”

41.    第13回液晶化学研究会シンポジウム(2009年5月12日, 東京工業大学すずかけ台キャンパス)
生方 俊, 松嶋智雄, 横山 泰 (P25, P.39), “キラルフルギド含有高分子分散型液晶を用いた選択反射波長制御”

42.    第58回高分子学会年次大会(2009年5月27日−29日, 神戸国際会議場)(大会中止)
1) 生方 俊, 守屋雄介, 横山 泰 (2H25, P.1354), “ポリスチレン薄膜の光反応に基づく物質移動現象”
2) 菊地あづさ, 原田ゆかり, 八木幹雄, 生方 俊, 横山 泰, 阿部二朗 (1Pd098, P.1492), “ラジカル解離型フォトクロミック系のアモルファス薄膜における光誘起表面レリーフ形成”

43.    第20回プラスチック成形加工学会年次大会(2009年6月3日−4日, タワーホール船堀)
生方 俊, 守屋雄介, 横山 泰, “紫外光によるポリスチレン薄膜の微細加工”

44.    XXIV International Conference on Photochemistry (ICP2009), July 19−24, 2009, Toledo, Spain
Yasushi Yokoyama, Tatsuya Shiozawa, Tomohiko Hasegawa, Yutaka Tani, Takashi Ubukata, “A Unified Stragegy to Achieve Ultimately High Diastereoselectivity of Photochromism of Diarylethenes”

45.    特定領域研究「フォトクロミズム」第4回公開シンポジウム(2009年9月1日−2日, 北海道大学学術交流会館)
1) 横山 泰, 森中 香, 生方 俊, “電子環状反応に基づくステルスフォトクロミズム” (P-13)
2) 生方 俊, 藤井祥平, 横山 泰, “スピロオキサジン薄膜における可逆的な光誘起表面レリーフ” (P-14)
3) 塩澤達也,  Mohammed Kamrul Hossain, 生方 俊, 横山 泰, “面不斉部位を有するジアリールエテンのジアステレオ選択的環化反応” (P-15)
4) 鈴木和志, 生方 俊, 横山 泰, “新規3, 4-ビスチアゾリルクマリンの熱不可逆フォトクロミズム” (P-16)

46.    第6回ナノテクノロジーシンポジウム2009(2009年9月3日、横浜産業貿易ホール)
藤井祥平, 生方 俊, 横山 泰, “スピロオキサジン薄膜の可逆的な表面微細加工”

47.    2009年光化学討論会(2009年9月16日−18日, 桐生市市民文化会館)
1) 具志堅剛史, 斎藤雅子, 川崎真寛, 生方 俊, 横山 泰, “ポリシロキサン中におけるスピロナフトオキサジンのフォトクロミック性能” (1D12)
2) 長谷川智彦, 生方 俊, 横山 泰, “二つの含フッ素キラル置換基を有するフルオロジアリールエテン” (1P086)
3) 廣本祐馬, 上原 俊, 生方 俊, 横山 泰, “1, 10-フェナントロリン部位を有するジアリールエテンの錯体形成挙動とフォトクロミズム” (3P075)
4) 森中 香, 生方 俊, 横山 泰, “2, 3-ビスアリールインデノン誘導体の6p電子環状反応に基づくフォトクロミズム” (3P076)

48.    第58回高分子討論会(2009年9月16日−9月18日, 熊本大学)
1) 藤井祥平, 生方 俊, 横山 泰, “スピロオキサジン薄膜を用いた可逆的な表面微細加工” (3L1-07)
2) 山本慎太郎, 生方 俊, 横山 泰, “ポリスチレン薄膜の光誘起物質移動による微細加工の高感度化”  (3Pb112)

49.    日本化学会第90春季年会(2010年3月26日−29日, 近畿大学本部キャンパス)
1) 小澤泰史, 生方 俊, 横山 泰, 斎藤雅子, 日渡謙一郎, 立川裕之, “架橋ポリジメチルシロキサン結合ナフトピランの熱消色反応挙動” (1G6-29)
2) 鈴木和志, 生方 俊, 横山 泰, “3,4-ビスチアゾリルクマリンの熱不可逆フォトクロミズム” (1G6-30)
3) 張 晨霞,  Mahmut Kose,  森中 香, 生方 俊, 横山 泰, “4,5-ビスアリールトリアゾールのフォトクロミズム” (1G6-31)
4) 塩澤 達也,  Mohammed Kamrul Hossain, 生方 俊, 横山 泰, “面性不斉を有するジアリールエテンの高ジアステレオ選択的フォトクロミズム” (1G6-32)
5) 香西洋明, 原田ゆかり, 菊地あづさ, 八木幹雄, 生方 俊, 横山 泰, 阿部二朗, “ヘキサアリールビスイミダゾール誘導体のアモルファス薄膜における光誘起表面レリーフ形成” (1G6-53)

50.    第59回高分子学会年次大会(2010年5月26日−28日, パシフィコ横浜)
1) 藤井祥平, 生方 俊, 横山 泰 (2Pe115), “ポリスチレン薄膜の光反応に基づく物質移動現象”
2) 菊地 あづさ, 原田 ゆかり, 香西洋明, 八木幹雄, 生方 俊, 横山 泰, 阿部 二朗 (2Pe103), “ヘキサアリールビスイミダゾール誘導体のアモルファス薄膜における光誘起表面レリーフ形成”

51.    第14回液晶化学研究会シンポジウム(2010年6月28日, 東京大学山上会館)
具志堅剛史, 生方 俊, 真崎仁詩, 横山 泰 (P06, P. 13), “ジアマンタンコアを有する非対称型液晶の合成と物性”

52.    2010年光化学討論会(2010年9月8日−10日, 千葉大学)
1) 塩澤達也, ホセインモハメッドカムルール, 生方 俊, 横山 泰, “完全なジアステレオ選択的フォトクロミック環化反応を示す面不斉ジアリールエテン” (1C07)
2) 小川初音, 生方 俊, 横山 泰, “新規ビスアリールインデノール誘導体のフォトクロミズム” (1P093)
3) 鈴木和志, 生方 俊, 横山 泰, “新規3,4-ビスチアゾリル-2H-クロメン-2-オン誘導体のフォトクロミズム” (1P094)
4) 河内順一, 生方 俊, 横山 泰, “新規アリールブタジエンの簡便な合成とその光反応” (1P095)

53.    第59回高分子討論会(2010年9月15日−9月17日, 北海道大学)
生方 俊, 守屋雄介, 山本慎太郎, 横山 泰, “汎用高分子薄膜の光微細加工”

54.    6th International Symposium on Organic Photochromism (ISOP2010) (October 17−21, 2010, Yokohama, Japan)
Takashi Ubukata, Shohei Fujii, Kento Arimatsu, Yasushi Yokoyama, “Phototriggered Microfabrication of Amorphous Spirooxazine Films” (PP208)

55.    Third Japanese-French Joint Seminar on Organic Photochromism (October 21−22, 2010, Yokohama, Japan)
1) Takashi Ubukata, Shohei Fujii, Kento Arimatsu, Yasushi Yokoyama, “Phototriggered Mass Transfer Induced by Spatial Photoisomerization” (OP-13)
2) Jun-ichi Kochi, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Photochromism of Novel Arylbutadienes” (PP-01)
3) Yuma Hiromoto, Shun Uehara, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Complexation Behavior of Diarylethene Possessing 1,10-Phenanthroline Moiety” (PP-02)
4) Kazushi Suzuki, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Photochromism of Novel 3,4-Bisthiazolylcoumarins” (PP-03)
5) Hatsune Ogawa, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Photochromism of Novel Bisarylindenols” (PP-04)
6) Tomohiko Hasegawa, Tatsuya Shiozawa, Yutaka Tani, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Highly Diastereoselective Photochromic Ring Closure of Diarylethenes with Two Chiral Side Arms” (PP-05)
7) Tatsuya Shiozawa, Mohammed K. Hossain, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Complete Regulation of Diastereoselectivity in Photochemical Cyclization of Facially Chiral Bisthienylethene” (PP-06)
8) Tsuyoshi Gushiken, Masako Saito, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Photochromic Performance of Spironaphthooxazine Attached to Three-dimensional Polysiloxane Network” (PP-12)
9) Koji Tonozuka, Takashi Ubukata, Yasushi Yokoyama, “Phototriggered Micromanufucturing Using Photoresponsible Amorphous Naphthopyran Film” (PP-28)

56.    日本化学会第91春季年会(2011年3月26日−29日, 神奈川大学横浜キャンパス)
1) 山本慎太郎, 生方 俊, 横山 泰, “ベンゾフェノンを添加したポリスチレン薄膜の光微細加工” (1D6-40)
2) 竹居祥行, 生方 俊, 横山 泰, “ビナフトールを組み込んだ環状ジアリールエテンの合成とフォトクロミック特性” (3D6-01)
3) 鈴木和志, 生方 俊, 横山 泰, ”フォトクロミックなヒドロキシ-ビスチアゾリルクマリン の蛍光スイッチング” (3D6-02)
4) 河内順一, 生方 俊, 横山 泰, “新規アリールブタジエンのフォトクロミズム” (3D6-03)
5) 小川初音, 生方 俊, 横山 泰, “新規ビスアリールインデノール誘導体のフォトクロミズム” (3D6-04)
6) 廣本祐馬,  Stela Minkovska, 生方 俊, 横山 泰, “1,10-フェナントロリンを有するビスチエニルエテンと酸の相互作用” (3D6-05)
7) 中山 恵, 生方 俊, 横山 泰, “ジアリールエテンのアモルファス薄膜を用いた光表面レリーフ形成” (3D6-06)
8) 殿塚康司, 生方 俊, 横山 泰,“ナフトピランのアモルファス薄膜を用いた光表面レリーフ形成” (3D6-08)
9) 有松研人, 藤井祥平, 生方 俊, 横山 泰, “スピロオキサジンドロップレットの光による物質移動” (3D6-09)

57.    第15回液晶化学研究会シンポジウム(2011年6月4日, 東京大学山上会館)
生方 俊・竹居祥行・横山 泰 (P17, P.27)
“光応答性新規キラルドーパントの合成とその特性-ビナフトールを組み込んだ環状ジアリールエテン”

58. Y. Yokoyama, “Perfect Control of the Stereochemistry of Photochromic 6π-Electrocyclization”, 2nd Annual World Congress of Catalytic Asymmetric Synthesis, 2011/08/10, Beijing (China).

59. 鈴木和志・生方 俊・横山 泰、“蛍光性部位をエテン部に有する新規フォトクロミックキノリノンの蛍光スイッチング”、2011年光化学討論会、2011/09/08、宮崎市民プラザ(宮崎・宮崎).

60. 深川真衣・生方 俊・横山 泰、“ヒト血清アルブミン中におけるジアリールエテンのエナンチオ選択的フォトクロミズム”、2011年光化学討論会、2011/09/08、宮崎市民プラザ(宮崎・宮崎).

61. 小川初音・生方 俊・横山 泰、“嵩高い置換基を持つ新規ビスアリールインデノールのフォトクロミズム”、2011年光化学討論会、2011/09/08、宮崎市民プラザ(宮崎・宮崎).

62. 生方 俊・竹居祥行・横山 泰、“ビナフチル基をもつ環状ジアリールエテンのフォトクロミズム”、2011年光化学討論会、2011/09/07、宮崎市民プラザ(宮崎・宮崎).

63. 横山 泰・小川初音・森中 香・生方 俊、“ビスチアゾリルインデノン誘導体のフォトクロミズム”、2011年光化学討論会、2011/09/07、宮崎市民プラザ(宮崎・宮崎).

64. 生方 俊・山本慎太郎・横山 泰、“ベンゾフェノン混合ポリスチレン薄膜の光表面レリーフ”、第60回高分子討論会、2011/09/ 30、岡山大学津島キャンパス (岡山・岡山)

65. Y. Yokoyama, “Stereochemical Control of Photochromic Reactions and Properties”, Russian-French Joint Symposium on Organic Photochromes, 2011/10/06, Chernogolovka (Russia).

66. Y. Yokoyama, “Perfect Control of Stereochemistry in the Photochromism Based on 6π-Electrocyclization”, The 8th Korea-Japan Symposium on Frontier Photosciences, 2011/10/29, Seoul (Korea).

67. 生方 俊・藤井祥平・有松研人・横山 泰、“スピロオキサジン薄膜の光物質移動によるレリーフ形成”、科研費特定領域研究「フォトクロミズムの攻究とメカニカル機能の創出」第8回公開シンポジウム、2011/11/29、 東京大学本郷キャンパス(東京).

68. 小川初音・米沢宣行・岡本昭子・生方 俊・横山 泰、“ビスアリールインデノールのフォトクロミズムにおける置換基効果”、科研費特定領域研究「フォトクロミズムの攻究とメカニカル機能の創出」第8回公 開シンポジウム、2011/11/29、 東京大学本郷キャンパス(東京).

69. 深川真衣・川村 出・生方 俊・横山 泰、“ヒト血清アルブミン中におけるジアリールエテンのキラルな光応答挙動”、科研費特定領域研究「フォトクロミズムの攻究とメカニカル機能の創出」第8 回公開シンポジウム、2011/11/29、 東京大学本郷キャンパス(東京).

70. 横山 泰、“電子環状反応に基づくステルスフォトクロミズム”、科研費特定領域研究「フォトクロミズムの攻究とメカニカル機能の創出」第8回公開シンポジウム、2011/11/29、 東京大学本郷キャンパス(東京).

71. 横山 泰・深川真衣、“ヒト血清アルブミンをテンプレートとする不斉フォトクロミック反応”、第8回バイオオプティクス研究会、2011/12/17、北里大学相模原キャンパス(神奈川・相模原)

72. 中山 恵・生方 俊・横山 泰、“ジアリールエテンアモルファス薄膜による光表面レリーフ形成”、第7回ナノテク交流シンポジウム、2012/03/02、横浜国立大学(神奈川・横浜).

73. 深川真衣・川村 出・生方 俊・横山 泰、“ヒト血清アルブミン中におけるジアリールエテンのキラルな光応答挙動”、日本化学会第92春季年会、2012/03/26、慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス(神奈川・横浜).

74. 鈴木和志・生方 俊・横山 泰、“ビスアリールクマリン系フォトクロミックファミリーの蛍光スイッチング”、日本化学会第92春季年会、2012/03/26、慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス(神奈川・横浜).

75. 小川初音・岡本昭子・米澤宣行・生方 俊・横山 泰、“新規ビスアリールインデノールのフォトクロミズム”、日本化学会第92春季年会、2012/03/26、慶應義塾大学日吉・矢

上キャンパス(神奈川・横浜).

76. 加藤竜二・生方 俊・横山 泰、“液晶中における光応答性環状ジアリールエテンのラセンねじり力”、2012/05/18、横浜国立大学(神奈川・横浜).